Just another WordPress site

ジャパンカップ、枠順が決まりましたね


 例年は 10レースに行われることが多かったジャパンカップですが、今年はなんと 12レース、最終競走として行われるそうです。でも発走時刻は通常のメーンレースとだいたい同じな 15時 40分だそうで…。東京の 1レースは 9時 30分と、通常と比べると早い発想時刻になってるようですね。で、今年は京都競馬場ではなく阪神競馬場で行われる京阪杯は、最終レースで今年も WIN5の対象レースには入りませんでした。
 ちなみに、全国 5カ所のウインズで金曜日発売も行われるようですね。例年なら 19時頃から予想イベントなんかが行われるのですが、今年は当然イベントはないようですね…。




 今年のジャパンカップは、3強対決が注目されていますね。今年、無敗で牝馬三冠に輝いたデアリングタクト、その翌週に菊花賞を勝ちクラシック三冠に輝いたコンオtレイル、この 2頭はどちらも無敗という勲章を引っ提げていますね。そして芝 G1で 8勝を達成したアーモンドアイ、まぁ、アーモンドアイも世代は違うし無敗とはいきませんでしたが、牝馬三冠馬なんですよね。
 
 予想は、金曜日発売のオッズ、そして土曜日の前日発売の最終オッズを加味しつつ行いますが、一応オッズ的にも、この 3頭が 3強になるだろうと多くの方の見解ですね。オイラもそう思う。いまのところの予測オッズを見ると 1番人気がアーモンドアイで 2番人気がコントレイルで 3番人気がデアリングタクトっぽいけれど、この 3頭の人気はどれが 1番人気になるか判断つきかねるところもありますね。単勝と複勝、あるいは馬連の支持率などで人気が一致しないかもしれませんね。3頭とも極端な外枠にならことなく内目の枠に入れたので、人気は必至ですかね。
 
 そして、もう 1頭気になるお馬さん、それは、今年も 1番枠に入ったカレンブーケドールですね。もともとジャパンカップは 1枠…というより、馬番号で 1番が激強…というか、とにかく好走する枠で、昨年もカレンブーケドールが 2着に絡みましたし、アーモンドアイがレコードタイムで優勝し、シュヴァルグランが勝ち、その前の年はキタサンブラックが勝ち、その前はラブリーデイが 3着、その前はジャスタウェイが 2着、過去 6年、馬券に絡む 3着以内に来てますからね…。もっとも過去 6年の 1番枠の馬は、昨年のカレンブーケドールとシュヴァルグランが 5番人気、ジャスタウェイは 3番人気で、残る 3頭は 1番人気と、人気馬が入っているので、1番枠が鬼のように強いと言い切れない部分もあるのですが…。それでも、カレンブーケドールを複勝なら買ってみたい…と思ってしまいますね。ただ、カレンブーケドールが 3着以内に入ったら、3着同着か、2着で 3頭以上の同着もしくは 4頭以上の 1着同着じゃない限り、3強決着にならないということですけれどね…。
 
 カレンブーケドールって、重賞未勝利馬なんですよね…。何気に凄いな…。
 
 
 実際には記者による投票なので、どういう結果になるかわかりませんが、素人考えでは、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの 3頭のうち、このジャパンカップを勝った馬が年度代表馬に選出されるのではないかな…と思ってしまいますが…。3頭とも負けてしまったら、グランアレグリアあたりが…、いや、それは厳しいか…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告です

あなたはのべ、
counter 人目に
訪問してくださった
素敵なお客様です。


カテゴリー

最近の投稿




広告です
2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。