Just another WordPress site

青春18きっぷで行くぶらり鉄道の旅 - 尾道再び編 –

連続テレビ小説、てっぱん

 このブログは、2019年 7月 24日に起ち上げました。そして、これから載せる旅の思い出話は、同年の 7月 20日に行ったものです。ブログを起ち上げる少し前とはいえ、過去話を取り急ぎの挨拶記事の次に載せるのもどうかなぁ、と、少しだけ迷いもありましたが、オイラのブログ記事で、こういう旅の思い出のような記事は稀なので、思い切って載せることにしました。
 
 なお、今回の記事は、昨年 11月より、このブログを起ち上げるまではメーンのブログと位置づけをしていたブログで、Part1Part2に分けたものを一気に載せました。


<!– ここから、Part1 –>


 7月 20日といえば、夏の青春18きっぷの利用開始日ですね。今年は オイラ、7月 20日と 21日が連休だったので、20日に早速青春18きっぷ旅行をしました。
 今年は例年と違って、ここに行く! というのを決めかねていたので、以前、青春18きっぷで旅行に行ったときに、食べずに帰ったので、ふたたびその地に行って、今度は食べたいというのがあったので、土曜日はどうしても競馬が気になるので、ウィンズ高松に行って、帰りにうどんを食べて帰ろう…と思ったのですが、どうも台風に梅雨前線で天候が不安定みたい…。瀬戸大橋は、雨や風の影響ですぐ徐行運転になったりするので、中京競馬場でも行くか…と、とりあえず家を出ました。前置きが相変わらず長いですね。

藤島士半先生のウェブログ


 今回は今年の 3月から営業を開始した JR淡路駅から乗車しました。新大阪まで電車で揺られると、ちょうど新快速の米原行きが到着したぐらいでしたが、ホームが違うので階段を上がって降りるころには発車してしまったという…。で、15分後に来る次の新快速が湖西線経由の敦賀行き…。実は、たいてい青春18きっぷ旅行をするときって、7時ごろには駅について列車に乗るのですが、この日は、もう 9時を過ぎていたんですよね。中京競馬場までは名古屋の 2つ先の金山駅まで行って、名鉄に乗ればいいので、乗り継ぎさえうまく行けば競馬場前まで 4時間もあれば着くので、30分後の新快速を待とうかとも思ったのですが、なんか待つのが面倒になって、逆方向の新快速網干行きが少ししたら来るので、急いでホームを変えて、新快速に乗りました。が、まず網干まで行ったら、相生まで行く列車が20分ほど来ない。播州赤穂行きの列車が着たので乗って、相生駅を下りたら、上郡行きの普通列車が停まっていたので、それに乗る。10分ほどして発車したのですが、上郡駅に着いたら結局は岡山まで行く列車はその後に来る列車を待たないといけいないというオチ。上郡駅で 20分ほど待つはめに…。せっかくなので、駅を出ようかと改札に行ったら、別の観光客らしき人の対応を駅員がしていて、改札を出るのをすぐ諦めたオイラ。でも、いままで何度か通過してきた駅ですが、ここで智頭急行とかいう列車が出ている…というのは乗り換え案内のアナウンスで聞いたことがあるので知ってはいましたが、智頭急行というのがどういう路線かはさっぱり知らなかったのですが、青春18きっぷは利用できないものの、鳥取に行くならこの路線を経由すると早く行けそうとわかったのはちょっと収穫。


藤島士半先生のウェブログ


 長かったけれど、やっと岡山行きの普通列車が来たので乗って、岡山駅に到着。岡山駅で 4分後に発車するという特別快速マリンライナー号に乗ろうかと思ったのですが、トイレに行ったりしたら乗れず…。次のマリンライナー号は 30分後、そもそも土曜日だから平日と大きく違うのか、それとも昨年までの青春18きっぷ旅行と比べ、出発がほぼ 2時間遅れたのが原因か? とりあえず、姫路駅からの乗り継ぎが非常に悪くて、12時ぐらいには岡山駅に着くと思っていたのに、13時前でした。次のマリンライナーは 13時まわるし、まぁメーンレースには間に合うでしょうが、ウインズだしなぁ…とあれこれ考えて、「よし、尾道に行こう」と、急遽行先をまた変更しました。
 尾道には、2011年、てっぱんという連続テレビ小説を見ていた影響で、ロケ地巡りをした思い出が、ただそのときはロケ地巡りに時間がかかり、尾道ラーメンもベッチャー焼きとかいうお好み焼きも食べ損ねていて、ちょっと気になっていたんですよね。競馬も気になったけれど、まぁスマートフォンからネット投票しつつ、列車に揺られて尾道へ。もう 14時まわってるやん…という時間に到着。
 ひとまず、駅を降りて信号を渡ると目の前にラーメン店があり、尾道ラーメンもあったので、さっそく入店。土曜日ということとランチタイムを過ぎたせいか、客は少な目でした。

藤島士半先生のウェブログ


 セットメニューもあったのですが、ひとまず尾道ラーメンの単品を注文

藤島士半先生のウェブログ


 見た感じは昭和時代にはよくあった中華そばみたいな感じ。もやしはなかったけれど、メンマにネギにチャーシュー ( ? ) 、それと背油かな? 味は関西のオイラにはやや濃く感じたものの、あっさりなのかこってりなのか微妙ですが、美味しかった。でもスープはあんまり飲まなかった。
 で、店を出てすぐに、またラーメンを売ってるお店を商店街で何軒か見かける。ちょっといきなり目についた店で食べて性急すぎたかな? と思ったけれど、味などはわかりませんが、写真で見た感じでは、どの店も具材なども同じで料金も 600円でした。なので、一軒目で食べても、まぁ問題ないかと安堵。そしてお好み焼き屋を見かけました。

藤島士半先生のウェブログ


 ちょうど赤ちょうちんで瀧本美織様のお顔が隠れてしまっていますが、てっぱんのポスターを張っているお店で、「尾道焼 750円」のメニューまで張り出しているので、ラーメンを食べた直後でしたが、早速入店。迷わず尾道焼を注文しました。

藤島士半先生のウェブログ


 オイラはモダン焼きが好きなので、広島風のお好み焼きは好きです。具がイカ天と砂ズリという、ちょっとクセのありそうな感じでそうかな? と思ったのですが、食べると美味しかった。
 ちょうど食べ終わる頃、店の人がテレビのチャンネルを変えると、競馬中継が始まりました。もう 15時なのか…と思いつつ、木村アナがいたので、おそらくうまDOKIだと思うのですが、物凄く久しぶりに見たな。そして名古屋競馬の木之前葵騎手もゲストで出ておられました。で食べ終わっていたのですが、中京の 10レースが始まったのでレースを見ていたら、単勝が当たった。幸先いいな…と思ったのですが、後でレース結果を見たら、当たったのこれだけでしたが…。
 で、店を出て、商店街をちょっとブラついていると、お祭りでもあるのか、出店のようなものがいくつかあったのですが、みなさん準備中のようで、まだ発売はしていませんでした。もっともなにか売っていても、さすがにラーメンとお好み焼きを食べた直後で、とてもこれ以上食べる気にはなりませんでしたが…。
 
 さて、8年前に尾道駅を訪れたときに心残りだった尾道ラーメンとベッチャー焼き…というのがわからないけれど、お好み焼きも食べたし、時刻表を見たときに 15時 43分に姫路行きの列車があったので、それに乗ろうかとも考えました。姫路駅まで乗り換えなしで行けたら、そこから新快速で大阪駅なり新大阪駅までとりあえず乗れば乗り換えの手間が随分省けるよな…と考えました。

藤島士半先生のウェブログ


 でも、せっかく尾道駅まで来て、ラーメン食って、お好み焼き食って…、いくらメーンの目的がそれだったとはいえ、ちょっとあまりにも寂しいよな、と思ってしまい、もう少し尾道をブラつくことにしました。
 
<!– ここまで、Part1 –>



<!– ここから、Part2 –>  


 8年前に食べ損ねて心残りになっていたラーメンとお好み焼きを堪能して、けっこうお腹いっぱいになっていたオイラ。ちょっと一息つきたい気もしつつも、時間も勿体無いのでブラついていたオイラ。

小旅行


 とりあえず、案内板を見かけたのでチェックしましたが、まぁ、こんなのいいか…と歩き始めました。
 ひとまず海沿いの方を歩くと、船着き場の側に着きました。

小旅行


 以前来た時は、この船に乗って向島まで渡ったなぁ…。本当に日本一かどうかはわかりませんが、たしかに短い船旅でした。今回は乗らなかったですけどね。
 すっかり色褪せた感がありますが、一応、てっぱんのロケ風景の案内の看板も健在で、連続テレビ小説、通称朝ドラの影響力の大きさを感じる 1コマでした。

小旅行


 ベッチャー祭り用の御神輿が商店街の一角に置いてありました。これ撮影禁止じゃないよね ? まぁ、このお祭りに合わせて尾道の来よう…とはなりませんが、この地域では盛大なお祭りなのでしょうね、たぶん。
 そして、線路を渡り、今度は山手の方に向かいました。この日は曇り空で蒸し暑かったものの、直射日光を浴びない分、まだ徒歩での移動もそれほど苦ではなかったのですが、さすがに坂道、上り坂になると暑いししんどいし…。

小旅行


 でも、高い所から見る、街や海の景色はなかなかの絶景でした。カラッと晴れていれば、もっと良い眺めなのでしょうね。
 で、「あっ、そういえば、ここ、山頂までロープウェイがあったんだ…」と、途中まで登ってから気づくというか思い出すというか…。
 で、さらに上ると、おそらくてっぱんでも登場したお寺の鐘に辿り着きました。

小旅行


 おぼろげな記憶ながら、ふと 8年前に来たときを思い出す…。あのときは、「あぁ、これドラマの…」というところに何カ所も出くわせて、それなりに感動してたなぁ。まぁ今回も以前の記憶を多少蘇らせて、それなりに感動はしているのですが…。
 お寺に来ると、愛染明王が祀られていたので、コミュ障というか人付き合いがてんでダメなオイラは職場やなんやでの人間関係がよくなりますように…と、困ったときだけの神頼みをついついしてしまいました。

小旅行


 ちなみに愛染明王には恋愛成就の御利益もあるそうなんですよね。見た目はおっかないのですが、ロマンチックな神様なのでしょうか…? そっちも成就したら嬉しいのですが…。
 家を出るときは、元々中京競馬場に行くつもりだったので仕方がないのですが、ここへ来て朱印帳を持ってこなかったことをちょっぴり大後悔するオイラでした。ここでまた朱印帳を買うのもなぁ…、ということで、さすがに今年はもう来ないとは思いますが、( もしかして、青春18きっぷがまだ 1回残っているけど、何処に行こうと悩んだ挙句、今夏にもう 1回来ないとも限りませんが… ) また今度尾道に来ようと思ったときは朱印帳を持参しないとね。

小旅行


 そして、前回来た時は、こんなのあったかな ? という鎖を伝って岩を登っていくという道がありました。挑戦は控えましたが…。
 そして下山を始めました。

小旅行


 途中で、ロープウェイ乗り場の案内板を見かけました。前回来た時は山頂駅には行ったので ( ロープウェイは利用しませんでしたが ) 、せっかくなので下の駅も見ておこうかなと思い、向かってみました。

小旅行


 本当は、もっと全景を撮りたかったのですが、行列とまでは言えないものの、けっこう人がまばらにいたので、人が写らないところで一枚撮りました。
 こんなおっちゃんの辺鄙なブログは、本人がたまに懐かしんで見るぐらいでしょうが、でも、ネットにパスワードをかけたりして一部を除いて非公開…という設定もなくオープンでアップしているので、いつ、だれが見るかわからないので、他人のブログに勝手に自分が写ってる写真をアップされるのって、やっぱりいい気はしないですから、そいう写真は極力アップしないようにしてます。言い訳終わり。
 しかし、このロープウェイの駅、尾道駅からけっこう離れた場所にありました。そりゃ、前回来た時は気づかないわけだ…。もともと 8年前に比べて到着も遅かったので仕方がないのですが、けっこういい時間になったし、そろそろ帰ることにしました。

小旅行


 ちょっと名残惜しい気になりつつも、尾道駅をあとにしました。
 帰りは列車で座れていたのですが、倉敷駅だったか新倉敷駅だったかで、快速列車と待ち合わせで、快速列車の方が当然のように岡山駅に先に着くということで、少し迷いつつも快速列車に乗り換えましたが、これが正解でした。席には座れなかったものの、18時ちょうど発の普通姫路行きに乗れました。あのまま普通列車に乗っていたら、この列車に間に合わず 19時過ぎまで待たされるハメになるところでした。急いで帰らなくてもいいとはいえ、1時間近くも暇をもてますのは変な疲れ方をしますからね。
 混んでる列車で姫路駅に着くと、すぐ向かいのホームに新快速列車が停まっていました。こちらは土曜日だからか割と空いていて、難なく席に座れました。
 帰りの列車に揺られながら、そういえば尾道って、前回も今回も尾道駅から岡山方面側しか行ってないなぁ…と、ふと思うのでした。尾道駅から広島側にも今度来ることがあったら行ってみよう…と思いましたが、何か名所があるのかなぁ ? 
 帰りは吹田駅で下車しました。

小旅行


 昨年まで青春18きっぷ旅行は、この吹田駅か東淀川駅からスタート、そしてゴールが多かったので、なんか吹田駅に来たのも久しぶりですがしっくり来る感じがします。
 でも、吹田駅って案外食べ物屋って少ない気がしますね。東淀川駅よりはある気もしますが…。
 そんなこんなで、青春18きっぷ、今年は初日の 20日にいきなり旅行となりました。急遽行先を変更したりしましたが、尾道では、ほんのちょっと雨がパラついたりもしましたが、曇り空でいい感じの夏の思い出になりました。

<!– ここまで、Part2 –>


以上。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 8月 05日
  2. 2019年 8月 06日
  3. 2019年 8月 09日
  4. 2019年 8月 09日
  5. 2019年 8月 12日
  6. 2019年 8月 28日
  7. 2019年 9月 05日
  8. 2019年 9月 08日
  9. 2019年 9月 08日

広告です

あなたはのべ、
counter 人目に
訪問してくださった
素敵なお客様です。


カテゴリー




広告です
2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。